相談事例

Case.1 成績が向上しない投資信託を見直ししたい。

60歳で定年退職後、会社の持ち株と退職金を元手に、会社の提携先であった金融機関からの紹介による資産運用を行なっていました。

年金の足しになると紹介された毎月分配金型の商品が、どんどん分配額が減っていく事に加え元本まで目減りしていくことに不安を感じ
当社の「投資信託見直しセミナー」に参加され、その後個別相談をお受けすることになりました。

(A様60代ご夫婦)

 

A様のご要望

・現状の保有している投資信託の分析をして欲しい。

・受給年金は変わらないが、物の値段が上昇していくことへの不安を解消したい。

・また長生きすることによりいつ頃資金が枯渇してしまうのか試算を出して欲しい。

・高額な分配金が毎月でなくても元本が削れないで、年間4-5%くらいの利回りを期待したい。

 

問題点とご提案内容

・A様が保有している商品は高額の分配金を狙う為に海外REITや新興国株式を使用したリスクの高いポートフォリオであることがわかりました。分配金利回りという見た目では高い利回りが出ているように見えますが、実際は元金が大幅に減ってしまっているという状況でした。

・偏ったポートフォリオを解消し、A様のご要望に近いようなポートフォリオを組むために、先進国の債券や株式なども加えた分散投資を提案しました。

「毎月分配型」という商品に拘らず、運用実績の継続性が確認できるようなファンドをポートフォリオに取り入れていくことで、リスクを抑えリターンの向上を図りました。

それでも毎月分配がなくなるのは寂しいという意見から、元本の回復を図りながら必要に応じて解約を図る運用に切り替えをご案内しました。

 

A様からのお声

担当のアドバイザーの方がよくお話を聞いてくださり、そもそも分配金に拘った運用をしたかったわけではなかったことが再認識できました。

思い切ってセミナーに参加してみましたが、金融機関に勧められるがまま商品を購入していましたが、今回見直してみて良かったです。

東京本社

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-2
 新陽ビル8階
電話受付:03-5341-4676(平日8:30~18:00)
ご面談日:平日及び土日祝(ただし要予約)

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-2
 新陽ビル8階
電話受付:03-5341-4676(平日8:30~18:00)
ご面談日:平日及び土日祝(ただし要予約)

+ 詳細はこちら

津支店

〒514-0006
三重県津市広明町345-5
 三浴ビル2階
電話受付:059-253-1510(平日8:30~18:00)
ご面談日:平日及び土日祝(ただし要予約)

〒514-0006
三重県津市広明町345-5
 三浴ビル2階
電話受付:059-253-1510(平日8:30~18:00)
ご面談日:平日及び土日祝(ただし要予約)

+ 詳細はこちら