01234567

 » FXおすすめ口座ランキング17選【2024年】初心者がFX会社を選ぶ際の比較ポイント

FXおすすめ口座ランキング17選【2024年】初心者がFX会社を選ぶ際の比較ポイント

FXの初心者はどのFX口座を開設したら良いのか知りたい!

FX会社ごとの特徴やメリット、比較ポイントを教えて!

FXとは「外国為替証拠金取引」の略語で、日本円と米ドルなどの異なる通貨を売買する金融取引です。

FX市場は世界中で24時間開かれており、取引時間の制限が少ない特徴があります。
また、FXでは「レバレッジ」と呼ばれる仕組みを利用でき、少ない資金でも大きな取引が可能となります。

FX取引には多くのメリットがある一方、市場の変動によって予期せぬ損失が発生することがあり、場合によっては元本を超える損失を被ることもあります。

FXを資産運用として始めようと思った際、メリットやリスクを考慮して、どのFX会社や証券会社にしようか迷ってしまう方も多いようです。

本記事では、FX初心者の方にもおすすめできるFX口座をランキング形式でご紹介します。

目次

FXおすすめ口座ランキング【2024年】

※この記事では、金融商品取引登録業者が提供するFXサービスについて紹介しています。
※当サイトのランキングは独自に行なったアンケート調査に基づいて順位を決定しております。

FX口座の比較一覧表

通貨ペア 21 20 24 30 54 23 27 34 20 19 26 28 19 25 28
スマホアプリ 使いやすい 使いやすい 使いやすい 普通 普通 使いやすい 使いやすい 普通 普通 使いにくい 使いにくい 普通 使いにくい 使いやすい 使いやすい
最小取引単位 10,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1 1 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭 0.2銭原則固定 0.2銭原則固定 0.2銭原則固定(例外あり) 0.2銭 0.2銭 0.1銭※1
※午前9時~翌午前4時まで
0.09銭~ 0.2銭 表示適用対象外 0.9銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭
デモトレード 3ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 90日間 3ヶ月 不可 1週間 不可 無期限 無期限 90日間 不可 無期限 不可 無期限
キャッシュバック 最大30万円 最大55万円 最大55万円 最大100万2千円 最大5万円 最大30万円 最大10万円 最大30万2千円 最大50万円 最大5万 最大15万円 最大5万円 最大5万円 最大60万円 最大90万円
公式サイト
公式サイトへ
公式サイトへ
公式サイトへ
FX会社をコストとアプリ評価で比較

FX(外国為替証拠金取引)は金融商品取引法の登録を受けた業者のみが取り扱うこ事ができます。
登録業者で取引を行う場合でも、会社の財務状況やセキュリティなど信用力を調査して、安心して取引できる業者を選びましょう。

2024年現在、金融商品取引法の登録を受けている業者は「1938社」が存在します。
また、2023年10月~12月期において出来高実績のあった取引業者は、店頭FX「47社」、くりっく365「19社」の「66社」となっています。

今回は、数あるなかでも初心者の方におすすめできるFX会社をご紹介します。

DMM FXは国内でもっとも多い口座開設数を誇る大手FX会社

DMM FX

DMM FX おすすめポイント

  • 口座開設数が90万を超える業界最大手クラス
  • 最短30分で取引を開始できる
  • 独自の新規口座開設キャンペーンが魅力

DMM FXは国内で90万を超える口座数を誇る、国内FXの最大手です

また、FXの取引高が2年連続で世界第1位という実績から、人気の度合いがうかがえます。

パソコン・スマホともに高性能なツールが用意されており、24時間の電話サポートもあるなど初心者に優しい仕組みが充実しています。

取引量に応じて独自ポイントを貯めるサービスや、口座開設と新規取引量に応じて最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンもあります。

取引通貨単位が10,000通貨なので一定の資金が必要ですが、投資金に余裕がある方なら魅力的なFX会社といえます。

DMM FXの基本情報

スプレッド
米ドル/円:0.2~3.9銭
ユーロ/円:0.5~9.9銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:27円
・南アフリカランド/円:18円
・トルコリラ/円:-
通貨ペア数21通貨ペア
最小取引単位1万通貨
取引手数料無料
デモ取引

\最短30分でFXトレードが始められる/

>> DMM FX 公式サイト

GMOクリック証券「FXネオ」取引コストの安さと高機能な取引ツール

GMOクリック証券

GMOクリック証券「FXネオ」おすすめポイント

  • 業界最狭水準のスプレッド
  • PCとスマホで使える高機能なツール・アプリ
  • 取引単位は1,000通貨から

GMOクリック証券は、大手のGMOインターネットグループが運営する安心のFX会社です。

業界でもトップクラスの口座開設数を誇り、ブランドも相まって初心者の方でも安心して口座開設できるでしょう。

GMOクリック証券はアプリの機能性が高い点が大きな魅力です。PCの「はっちゅう君FX」、スマホアプリの「GMOクリックFX」に分かれており、自身のライフスタイルに合わせて好きな方を選択できます。

GMOクリック証券「FXネオ」の基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2銭 原則固定
ユーロ/円:0.4銭 原則固定
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:26円
・南アフリカランド/円:16円
・トルコリラ/円:7円
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引

\業界最高水準の低スプレッドで人気/

>> GMOクリック証券 公式サイト

GMO外貨「外貨ex」CFDやバイナリーオプションもトレード可能

GMO外貨 外貨ex

GMO外貨「外貨ex」おすすめポイント

  • CFDやバイオプもトレードできる
  • スマホアプリの機能が充実
  • オンタイムに依頼すれば即時出金が可能

GMO外貨「外貨ex」は、文字どおりGMOインターネットグループが運営するFX会社です。
以前は「YJFX」という名称でしたが、現在ではこの名称でサービスを提供しています。

機能の豊富なスマホアプリがトレーダーにも人気となっています。
さらにユーザーの声をすぐにアプリに取り入れ、使いやすいアップデートを常に行っているのも魅力の一つ。

総合的に優良なサービスが提供されていて、なかでも「300万円以内かつ8時50分~14時30分まで」に依頼すれば即時出金が可能な点が魅力です。

何らかの理由で現金が必要になった場合でも、すぐに出金できるのは嬉しいポイントでしょう。

入金についても、クイック入金であれば24時間いつでも即時入金に対応していて手数料がかかりません。

GMO外貨「外貨ex」の基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2~4.0銭(原則固定)
ユーロ/円:0.4~6.0銭(原則固定)
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:27円
・南アフリカランド/円:17円
・トルコリラ/円:8円
通貨ペア数24通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引

\見やすく扱いやすいFXアプリ/

>> GMO外貨 公式サイト

SBI FXトレードは最小1通貨単位で取引できる

SBI FX トレード

SBI FXトレード おすすめポイント

  • 最小1通貨からトレード可能
  • レバレッジなしでも数百円あれば取引できる
  • 米ドル円などスプレッドが業界最高水準

SBI FXトレードは1通貨単位で取引できる数少ないFX会社の1つです。

人気の米ドル/円でもユーロ/円でも、数百円あればすぐに取引に参加できます。レバレッジ次第では更に必要資金は安くなり、10円単位での取引も可能です。

通貨ペア数も34通貨ペアと多く、将来的にマイナー通貨ペアに手を出したいと感じたときも豊富な選択肢から選ぶことができます。

取引手数料、クイック入金手数料、出金手数料なども無料であり、低コストで始めたい方にとっては魅力的なFX会社でしょう。

SBI FXトレードの基本情報

スプレッド
※2024年5月16日現在
米ドル/円:0.18~14.80銭
ユーロ/円:0.48~24.80銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:23円
・南アフリカランド/円:15円
・トルコリラ/円:6円
通貨ペア数34通貨ペア
最小取引単位1通貨
取引手数料無料
デモ取引×

ヒロセ通商「LION FX」54種類もの通貨ペアから選択できる

ヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商「LION FX」おすすめポイント

  • 取り扱い通貨ペア数は業界トップクラス
  • スキャルピングが公認
  • <取引履歴をカレンダーで確認可能/li>

ヒロセ通商のLION FXは、取り扱い通貨ペア数が54種類もあるFX会社です。

20~30種類の取り扱いの国内FX会社が多い中、54種類のラインナップは驚異的といえます。
将来的に米ドル/円以外の通貨ペアにチャレンジしたいときでも、ヒロセ通商なら好みの通貨ペアが見つかるでしょう。

また、公式でスキャルピングが公認されていることも特徴。約定スピードは最速でなんと「0.001秒(平均:0.003~0.005秒)」!世界最速水準の約定が可能で、秒単位の瞬間的な取引をしたい人でも、ヒロセ通商なら安心です。

ヒロセ通商「LION FX」の基本情報

スプレッド
※2024年5月16日現在
米ドル/円:0.2~3.9銭
ユーロ/円:0.4~5.9銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:28円
・南アフリカランド/円:20円
・トルコリラ/円:10円
通貨ペア数54通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引

\超短期のスキャルピングOK!/

>> ヒロセ通商 公式サイト

楽天証券は楽天経済圏を利用する方向け

楽天証券 FX

楽天証券 おすすめポイント

  • 取引に応じて楽天ポイントが貯まる
  • スマホでも4画面チャート
  • 総合口座で株式や投資信託も売買

楽天証券では、株式や投資信託以外にFXの取引も可能です。

取引手数料、ロスカット手数料、クイック入金手数料、出金手数料など、あらゆる手数料が0円で取引できるので、コストをできる限り抑えたい方にもおすすめです。

10万通貨ごとに1ポイントの楽天ポイントも貯められるので、ほかの楽天経済圏と組み合わせることで効率的に楽天ポイントが貯められます。

直感的に注文できるスマホアプリ、グッドデザイン賞を受賞したPC版アプリを揃えており、自分の好みやライフスタイルごとに取引ツールを選択することもできます。

楽天証券の基本情報

スプレッド
※2024年5月16日現在
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:20円
・南アフリカランド/円:-
・トルコリラ/円:-
通貨ペア数28通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引

外為どっとコムは2023年のみんかぶFX総合部門で1位を獲得

外為どっとコム

外為どっとコム おすすめポイント

  • 2023年のFX会社比較ランキング「総合」で1位を獲得
  • FX情報やオンラインセミナーが充実
  • HDI格付け調査で最高評価の三ツ星

外為どっとコムは、みんかぶが発表した2023年のFX会社比較部門別ランキングの「総合」で1位に輝いたFX会社です。

狭いスプレッド、高いスワップポイント、サポート体制などバランスよくサービスが提供されていますが、なかでもFXの学習に関する情報が充実している点がメリットです。

自社オリジナルを含めたロイター、フィスコなど、有名なニュース会社が24時間配信をしています。初心者から上級者まで参考になるFXセミナーも開催しており、FXの知識を常にブラッシュアップできるでしょう。

外為どっとコムの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2銭 原則固定(例外あり)
ユーロ/円:0.4銭 原則固定(例外あり)
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:25円
・南アフリカランド/円:16円
・トルコリラ/円:6円
通貨ペア数30通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引
>> 外為どっとコム 公式サイト

松井証券のFXは業界でも珍しい1通貨単位の取引に対応

松井証券 FX

松井証券FX おすすめポイント

  • 1通貨単位の取引に対応
  • レバレッジが4種類から選択できる
  • スマホ1通貨(100円)からトレード

松井証券FXは、SBI FXトレードと並んで1通貨単位から取引が可能な珍しいFX会社です。
取引手数料もかからずスプレッドも業界最狭設定であるため、少額の資金でFXが楽しめるでしょう。

また、スワップポイントが高水準に設定されている点も魅力です。トルコリラ/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円といった高金利通貨のスワップポイントは業界トップクラスのFX会社にも負けない水準です。

夜間でも対応してくれるサポート体制も魅力的です。昼間に問い合わせ時間が確保できない人でも、安心してFX取引を楽しめるでしょう。

松井証券FXの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2~1.2銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:25円
・南アフリカランド/円:15円
・トルコリラ/円:5円
通貨ペア数20通貨ペア
最小取引単位1通貨
取引手数料無料
デモ取引△※機能制限あり

\1通貨からFXが可能/

>> 松井証券 公式サイト

みんなのFXは狭いスプレッドと高いスワップポイントが両立

みんなのFX

みんなのFX おすすめポイント

  • 最短1時間で口座開設も可能
  • スプレッドは業界最狭水準
  • スワップは業界最高水準

みんなのFXは、2019年のみんかぶ年間ランキングの複数部門で1位を獲得したFX会社です。
スプレッドの狭さとスワップポイントの高さという、基本性能が充実している点に魅力があります。

また、口座開設がスピーディーなことも特徴です。スマホで本人認証を利用することで、最短1時間で取引まで進めることも可能です。

また、「みんなのオプション」「みんなのコイン」「みんなのシストレ」といった別の金融商品にチャレンジできることも魅力です。FX以外にもチャレンジしたい取引があれば、みんなのFXは良い選択肢でしょう。

みんなのFXの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:26.1円
・南アフリカランド/円:17.1円
・トルコリラ/円:8円
通貨ペア数34通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引

\低スプレッド&高スワップ/

>> みんなのFX 公式サイト

LINE FXはスマホでトレードしやすい画面設計

LINE FX

LINE FX おすすめポイント

  • 相場の急変動などの情報をLINEで通知
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • あらゆる手数料が0円

LINE FXは、LINEアプリから取引が行えるFX会社です。
LINE証券口座を開設済みの場合、わずか数タップで簡単にFX口座の開設申し込みが完了します。

LINE FXはスプレッドの狭さも魅力です。米ドル/円は0.2銭~、ユーロ/円は0.5銭~と、業界トップクラスの大手にも負けない設定になっています。

FXの重要情報もLINEで通知されるので、重要な情報を見逃す心配もありません。

LINE FXの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2~3.6銭
ユーロ/円:0.5~10.0銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:27円
・南アフリカランド/円:15円
・トルコリラ/円:9円
通貨ペア数23通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引×
>> LINE FX 公式サイト

auカブコムFXは株式や投資信託を証拠金に使える

auカブコムFX

auカブコムFX おすすめポイント

  • 三菱UFJグループの運営で安心
  • auカブコム証券で保有する株式や投資信託を証拠金に使える
  • キャッシュバックを実施中

auカブコムFXは、auカブコム証券で利用できるFXサービスです。
運営は三菱UFJグループであり、大手運営による安心感があります。

他社にはないメリットとしては、「auカブコム証券内で保有する株式・投資信託をFXの証拠金として利用できる」点が挙げられます。自己資金が現在ないという方でも、いまある資産を効率的に利用することが可能です。

1,000通貨からの小口取引にも対応しているため、「まずはお試しで取引してみたい」と考えている初心者の方にもおすすめです。

auカブコムFXの基本情報

スプレッド米ドル/円:固定の対象外
ユーロ/円:0.5~1.1銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:非公開
・南アフリカランド/円:非公開
・トルコリラ/円:非公開
通貨ペア数19通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引
>> auカブコムFX 公式サイト

LIGHT FXは高金利通貨ペアのスワップポイントの高さが魅力

LIGHT FX

LIGHT FX おすすめポイント

  • 業界でもトップクラスのスワップポイント
  • TradingViewが無料で使える
  • 高い処理能力を誇るシステムで高い約定率

LIGHT FXは、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するFX会社です。

公式でも業界最高水準と書かれている通り、高金利通貨ペアのスワップポイントが業界トップクラスの設定になっています。実際、みんかぶFX年間ランキングのスワップ部門で3年連続の1位を獲得しています。

短期売買よりも、スワップポイント狙いの長期取引に魅力を感じている人に向いているでしょう。

暗号資産を取引できる「LIGHT FXコイン」というサービスがある点も魅力です。FXも暗号資産も両方楽しみたいという方におすすめです。

LIGHT FXの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:26.1円
・南アフリカランド/円:17.1円
・トルコリラ/円:10円
通貨ペア数44通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引×

\業界最高水準のスワップポイント/

>> LIGHT FX 公式サイト

セントラル短資FX「みらいチャート」で将来の値動きを予測できる

セントラル短資FX

セントラル短資FX おすすめポイント

  • 2002年開業のFX会社の老舗
  • FX専業で唯一で長期発行体格付を取得
  • t\お得な優待サービスを実施中

セントラル短資FXでは、過去のチャートの動きから今後のチャートの値動きをAIが予想してくれる「みらいチャート」を利用できます。

分析が苦手な初心者の方でも、簡単に分析が進められます。1分足など7つの「足種」と移動平均やボリンジャーバンドなどの7種の「シグナル」によって相場の方向性を予測してくれるので、解析結果が初心者でも分かりやすいです。

また、アプリでは取引成績をカレンダー形式で表示。決済損益やスワップ損益を通貨別に表示できるなど、業界初の試みが行われています。口座開設手数料・口座維持手数料・取引手数料・クリック入金手数料・ロスカット手数料などあらゆる手数料が0円で取引できる点も魅力です。

セントラル短資FXの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.2~10.0銭
ユーロ/円:-
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:24円
・南アフリカランド/円:4円
・トルコリラ/円:0円
通貨ペア数25通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引×

マネースクエアはリピート系注文のパイオニア「トラリピ」が利用できる

マネースクエア トラリピ

マネースクエア おすすめポイント

  • 自動売買システム「トラリピ」を利用できる
  • オンラインサポートや学習コンテンツが充実
  • 限定レポートの閲覧が可能

マネースクエアは、リピート注文のトラリピを利用できるFX会社です。

トラリピはリピート系注文のパイオニアとも呼ばれており、業界の先駆者として知られています。

「上がりそう」「下がりそう」という相場の流れではなく、これからレートが上下しそうな範囲を予想する点が特徴です。

仕掛ける範囲(=レンジ)の「上半分に売りのトラリピ、下半分に買いのトラリピ」を仕掛けるといったように多彩な戦略もあり、初心者でも上級者でも満足できるでしょう。

マネースクエアの基本情報

スプレッド米ドル/円:非公開
ユーロ/円:非公開
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:13円
・南アフリカランド/円:3円
・トルコリラ/円:8円
通貨ペア数16通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
デモ取引×
>> マネースクエア 公式サイト

FXブロードネットは利益実績87%を誇る自動売買

FXブロードネット

FXブロードネット おすすめポイント

  • 高い利益実績を誇る「トラッキングトレード」を利用できる
  • 利益実績87.5%
  • 100%信託保全で安心

FXブロードネットは、自動売買ツール「トラッキングトレード」が利用できるFX会社です。
87%の利益実績を叩き出しており、トラッキングトレードを始めた多くの人が利益を獲得できています。

トラッキングトレードは連続してリピート型注文の配置を行います。買う値段と売る値段を決めておけば自動的に「安く買う・高く売る」を繰り返します。
さらに、細かい値動きの揺らぎもなぞることで、コツコツと利益を積み上げることが可能です。

レンジが動いた場合は追尾しながらオーダーを出すため、注文を出したあとは自動で売買をしてくれます。

FXブロードネットの基本情報

スプレッド
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:-
・南アフリカランド/円:16円
・トルコリラ/円:-
通貨ペア数24通貨ペア
最小取引単位1,000通貨ペア
取引手数料無料
デモ取引

インヴァスト証券は自動売買「トライオートFX」を利用できる

インヴァスト証券 「トライオートFX」

インヴァスト証券 おすすめポイント

  • FXやETFを対象にした自動売買「トライオート」を利用できる
  • 上勝トレーダーのルールを真似できる
  • CFDも自動売買が可能

インヴァスト証券は、トライオートFXという自動売買ツールを利用できるFX会社です。

人気ブロガー、トライオートの他ユーザーなど、上級者が考案したルールを選んでロジックを選ぶだけで自動売買を始められます。
FXについての知識が浅い初心者の方でも簡単に始めることができるでしょう。

トレードルール次第では上昇相場、下落相場、レンジ相場、どの方向に進んでも利益を狙うこともできます。
機械的に取引が行われるため、感情に左右されることもありません。

また、FX以外にETF(上場投資信託)を対象にした自動売買を利用することもできます。

インヴァスト証券の基本情報

スプレッド
米ドル/円:非公開
ユーロ/円:非公開
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:-
・南アフリカランド/円:14円
・トルコリラ/円:5円
通貨ペア数17通貨ペア
最小取引単位トライオートFX:1,000通貨
マイメイト:5,000通貨
取引手数料片道5~20円(1,000通貨あたり)
※トライオートFXの場合
デモ取引×
>> インヴァスト証券 公式サイト

外為オンライン「iサイクル2取引」で自動売買が利用できる

外為オンライン「iサイクル2取引」

外為オンライン おすすめポイント

  • 自動売買「iサイクル2取引」に対応
  • 4つのコースからスタイルを選べる
  • オンラインや全国でのセミナーを開催中

外為オンラインは、自動売買が利用できるFX会社です。

提供している「iサイクル2取引」はリピート系注文に属しており、一度設定すれば、自動的に売買を繰り返すことができます。

感情に流されない取引ができるため、熱くなって大損する心配は無用です。相場を自動的に追従してくれるため、想定変動幅を超えた値動きにも対応できます。

ロスカット値が高め(100%)と低め(20%)でコース設定があるため、自身の取引スタイルや資金に応じて好きなコースを選択できます。

外為オンラインの基本情報

スプレッド米ドル/円:0.9銭
ユーロ/円:1.9銭
スワップポイント
※1万通貨単位
・メキシコペソ/円:-
・南アフリカランド/円:5円
・トルコリラ/円:-
通貨ペア数26通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料自動売買は1,000通貨あたり20円(一部通貨を除く)
デモ取引

初心者がFX口座を選ぶ際のポイント

ここまで、数ある中でもおすすめのFX会社について紹介してきました。

いくつかの候補が決まったら、さらに細かい比較をして口座を開設する1社を絞りこんでいきましょう。

ここからは、初心者の方がFX会社を選ぶ際に注目・比較したいポイントを解説します。

FX会社が金融庁への登録済で認可を受けているか

まず、候補にしているFX会社が、金融庁の認可を受けているかを確認しておきましょう。

また、金融商品取引法では外国為替証拠金取引を業務として行う場合には、第一種金融商品取引業の登録を受けることが義務付けられています。

海外FX会社の一部では、日本で未登録の業者が見つかる場合があります。

金融庁に未登録の業者では日本ではまず不可能な高レバレッジが利用できる一方、万が一損失を出したときには大きな損失に繋がってしまう場合があります。

海外発祥のFX会社を利用する場合は、特にしっかりと金融庁への登録の有無を確認しましょう。

FX会社登録番号登録年月日
DMM FX関東財務局長(金商)第1629号平成19年9月30日
GMOクリック証券「FXネオ」関東財務局長(金商)第77号平成19年9月30日
GMO外貨「外貨ex」関東財務局長(金商)第271号平成19年9月30日
外為どっとコム関東財務局長(金商)第262号平成19年9月30日
ヒロセ通商「LION FX」近畿財務局長(金商)第41号平成19年9月30日
みんなのFX関東財務局長(金商)第123号平成19年9月30日
auカブコムFX関東財務局長(金商)第2635号平成24年4月13日
外為オンライン関東財務局長(金商)第164号平成19年9月30日
LIGHT FX関東財務局長(金商)第61号平成19年9月30日
FXブロードネット関東財務局長(金商)第276号平成19年9月30日
LINE FX関東財務局長(金商)第123号平成19年9月30日
セントラル短資FX関東財務局長(金商)第244号平成19年9月30日
楽天証券関東財務局長(金商)第3144号令和元年6月24日
SBI FXトレード関東財務局長(金商)第278号平成19年9月30日
松井証券FX関東財務局長(金商)第195号平成19年9月30日
インヴァスト証券関東財務局長(金商)第26号平成19年9月30日
マネースクエア関東財務局長(金商)第2797号平成26年9月19日
参考:金融庁

通貨ペアを豊富に取り扱っているか

取引できる通貨ペアの種類の多さも、FX会社を選ぶうえでは重要なポイントです。取引できる通貨ペアが多いほど、FX取引での選択肢の幅が広がることになります。

日本人にとってメジャーな通貨である「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」などはどのFX会社を選んでも問題なくトレードできます。しかし、東欧やアジアのマイナー通貨は取り扱っていない可能性もあるので注意が必要です。

例えば人民元の値動きが活発になっていて十分に利益を狙える分析ができたとしても、そもそもFX会社が人民元を扱っていなければ取引には参加できません。

常に取引している通貨ペア以外に、サブとして取引を考えている通貨ペアの扱いがあるのかは、口座開設前に比較しておきましょう。

FX会社通貨ペア数
DMM FX21
GMOクリック証券「FXネオ」20
GMO外貨「外貨ex」24
外為どっとコム30
ヒロセ通商「LION FX」54
みんなのFX33
SBI FXトレード34
松井証券FX20
auカブコムFX19
外為オンライン26
LIGHT FX33
FXブロードネット24
LINE FX23
セントラル短資FX25
楽天証券28

取引コスト(スプレッド)が狭く設定されているか

ほとんどのFX会社は「取引手数料が無料」という点を強みにしていますが、トレーダーにとっては実質的な手数料として「スプレッド」がかかります。

スプレッドは「Bid(売値)とAsk(買値)という2つのレートの差」のことです。

スプレッドが0.2銭の場合、1,000通貨の取引では2円、1万通貨の取引では20円のコストがかかります。

2~20円では大したことない金額に感じるかもしれませんが、トレードが発生するたびにかかるので1日の取引回数が多いほどコストも大きくなります。

秒単位で取引を繰り返すスキャルピングや、数時間~1日単位で取引をするデイトレードの場合、スプレッドが狭いFX会社を探す重要性が高まるでしょう。

FX会社スプレッド(米ドル/円)
DMM FX0.2銭原則固定
GMOクリック証券「FXネオ」0.2銭原則固定
GMO外貨「外貨ex」0.2銭原則固定
外為どっとコム0.2銭原則固定
ヒロセ通商「LION FX」0.2銭原則固定
みんなのFX0.2銭原則固定
SBI FXトレード0.18銭
松井証券FX0.2銭原則固定
auカブコムFX0.2銭原則固定
外為オンライン0.1銭原則固定
LIGHT FX0.2銭原則固定
FXブロードネット0.2銭原則固定
LINE FX0.2銭原則固定
セントラル短資FX0.2銭原則固定
楽天証券0.2銭原則固定

FX投資を勉強できる環境が用意されているか

初心者の方にとって、FXに関する知識をどんどん吸収することは売買の成功率を上げるうえで非常に重要です。

「雑誌の購入」「セミナー・スクールへの参加」などのほか、FX会社が提供しているWEBセミナーや動画を視聴して勉強することもできます。

たとえば「外為どっとコム」では、勉強向けのコンテンツに力を入れています。

「マネ育FXスクール」というコンテンツでは、初心者から専業トレーダーまで、さまざまなレベルのトレーダーに向けて楽しく学べるコンテンツが用意されています。

先輩トレーダーの勉強方法を教えてもらえるセミナーもあり、FXに関する情報を収集している初心者の方におすすめです。

FX会社独自レポートコラムセミナー動画基礎知識・用語集メール配信
DMM FX
GMOクリック証券
GMO外貨
外為どっとコム
ヒロセ通商
みんなのFX
SBI FXトレード
松井証券 FX
auカブコムFX
外為オンライン
LIGHT FX
FXブロードネット
LINE FXLINE配信
セントラル短資FX
楽天証券

資金が少ない場合は最小取引単位が1通貨などのFX会社も選択肢

最小取引単位は文字どおり、「何通貨から取引できるのか」の単位のことです。
FX会社によって「最低取引単位」「最小ロット」など呼び方は異なりますが、意味はほとんど変わりません。

最小取引単位はFX会社ごとに設定が異なりますが、以下の4つのパターンがあります。

  • 1通貨単位
  • 100通貨単位
  • 1,000通貨単位
  • 10,000通貨単位

以前は10,000通貨単位のFX会社も多かったですが、現在の主流は1,000通貨単位です。
レバレッジと取引通貨ペアにもよりますが、数万円あれば取引に参加できます。

10,000通貨の場合、同じ通貨ペアとレバレッジで取引するなら1,000通貨単位の10倍の自己資金が必要です。
自己資金が少ない人は自己資金が少ない人よりもレバレッジを多くかける必要があり、ハイリスクになるため注意しなければいけません。

FX会社最小取引単位
DMM FX10,000通貨
GMOクリック証券「FXネオ」1,000通貨
GMO外貨「外貨ex」1,000通貨
外為どっとコム1,000通貨
ヒロセ通商「LION FX」1,000通貨
みんなのFX1,000通貨
auカブコムFX1,000通貨
外為オンライン1,000通貨
LIGHT FX1,000通貨
FXブロードネット1,000通貨
LINE FX1,000通貨
セントラル短資FX1,000通貨
楽天証券1,000通貨
SBI FXトレード1通貨
松井証券FX1通貨

悩みやトラブルを解決できるサポート体制があるか

各FX会社ではトレーダーの不安や疑問を解消するためのサポートを用意しています。
初心者の方ほど疑問が多く出てくるはずですから、できるだけサポート体制が手厚いFX会社を選びましょう。

サポート体制は大きくわけて「チャット」「電話」「メール」の3つがありますが、トラブルや疑問が生じたときにすぐ問い合わせできるように「電話」の対応時間が長いFX会社がおすすめです。

FX会社フリーダイヤル対応時間メール・問い合わせフォームLINE対応チャット
DMM FX0120-961-522【冬時間】月曜日 07時00分~土曜日 06時50分
【夏時間】月曜日 07時00分~土曜日 05時50分
24時間365日
GMOクリック証券
「FXネオ」
0120-727-930月曜日~金曜日8:00~17:00
GMO外貨
「外貨ex」
0120-724-277平日・祝日 午前8:00~午後5:00(土日休み)
外為どっとコム0120-430-225月曜日~金曜日 7:00~23:00自動チャットサポート
ヒロセ通商
「LION FX」
0120-63-0727月曜日午前8時~土曜日午前6時(祝祭日含む)
トレイダーズ証券
「みんなのFX」
0120-637-104毎日AM7:00~PM10:00まで(土日を除く)
SBI FXトレード自動チャットサポート:24時間365日オペレーターチャット:月曜日~金曜日[9:00~17:00]※祝日等を除く
松井証券FX0120-021-906平日 8:30〜17:00AIチャット有人チャット:月~金 7:00~24:00
auカブコムFX0120-390-390平日8時~16時オペレーターサポート:平日8時~16時
外為オンライン0120-465-104月~金曜日am9:00~pm5:00
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」
0120-637-105毎日AM7:00~PM10:00まで(土日を除く)
FXブロードネット0120-997-867午前9:00~午後5:00
(土曜・日曜・インターバンク市場休場日を除く)
LINE FXAIチャット
セントラル短資FX
楽天証券0120-41-1004平日8:30~17:00 (土日祝・年末年始を除く)AIチャットオペレーターチャット:平日9時~18時
インヴァスト証券0120-659-274午前9時~午後5時(土日・元日を除く) 祝日も対応リモートサポート
マネースクエア0120-455-5129:00-17:00 土日祝除く

キャッシュバックなどの口座開設キャンペーンの実施

FX会社では、競合よりも魅力的なキャンペーンを実施して、新規顧客の囲い込みを行っています。

口座開設してから一定期間のみのキャンペーンなので重要性が高くありませんが、どうしても1社に絞りきれないときはキャンペーンが豪華なFX会社を選ぶというのも選択肢の1つです。

取引金額に応じてキャッシュバックが得られるFX会社であれば、実質的に初期費用を抑えることができるでしょう。

FX会社口座開設キャンペーン・特典最小取引数量
DMM FX1万~30万円1,000Lot以上
GMOクリック証券「FXネオ」5千円~55万円500万通貨~
GMO外貨「外貨ex」1,100円~55万円100万通貨〜
外為どっとコム2千円〜100万2千円1万通貨~
ヒロセ通商「LION FX」2千円~200万円100万通貨〜
トレイダーズ証券 みんなのFX1千円~40万円30Lot以上
SBI FXトレード200円~30万通貨~
auカブコムFX1千円~100万円500万通貨以上
外為オンライン5千円~15万円100万通貨〜
トレイダーズ証券 LIGHT FX1千円~40万円30Lot以上
FXブロードネット1千円~30万円30万通貨以上~
LINE FX1千円~30万円50万通貨~
セントラル短資FX12円~60万円1万通貨以上
楽天証券300円~90万円30万通貨~
インヴァスト証券3千円~3万円5万通貨以上
※2024年6月14日

デモ口座でPCツールやアプリの使い勝手・使用感をチェックする

FX会社を選ぶ際、PCツールやアプリの使い勝手を確かめておくことも重要です。

取引のお供であるツール・アプリの使い勝手が悪かったり、自分に合っていなかったりすると操作ミスが発生し、利益の減少や損失の拡大といった悪影響が出るかもしれません。

特に「操作に対して素早くレスポンスしてくれるか」は非常に重要です。加えて、狙ったタイミングで間違いなく取引できる「約定力」についても調べておく必要があります。

ツール・アプリの使い勝手を確かめるには「デモ口座」を使って実際に操作してみることがおすすめです。

有名YouTuberやトレーダーが高評価をしているツール・アプリでも自分に合うとは限らないので、情報を鵜呑みにせず必ず自分で使用感を確かめましょう。

【目的別】初心者におすすめのFX会社はどれ?目的ごとに紹介

続いては、FX会社ごとに得意にしている取引スタイルについて解説します。

各社とも競合に負けないように得意ジャンルを持っているため、FXの取引スタイルがある程度決まっている人ならこれから紹介するFX会社が有力な候補になるでしょう。

スプレッドの狭さなら「DMM FX」「GMOクリック証券」

初心者におすすめのトレード手法の一つがデイトレードです。

デイトレードは、数時間~1日単位でトレードを行う手法のことです。
スキャルピングほど取引回数は多くありませんが、その日のうちに取引を終えるという点では共通しています。

翌日までポジションを持ち越さないため「寝ているうちに暴落していた……」という状況が起こらないメリットがあります。

「朝に買い注文でポジションを持っておき、仕事から帰宅後に決済する」という取引もできるため、確保できる取引時間が少ない初心者の方でも実現しやすい方法です。

毎日取引をするうえでは「スプレッドの狭さ」が重要です。
また、少額の資金でも取引に参加するためには、最低取引金額が少ないFXも有力な候補になります。

上記の条件を満たすのが「DMM FX」「GMOクリック証券」「SBI FXトレード」です。

「SBI FXトレード」は、米ドル/円のスプレッドは0.18銭〜と、業界内で多く採用されている「0.2銭」の基準を下回っています。
また、業界でも数少ない「1通貨単位でトレードできる」という特徴があるFX会社です。レバレッジに関係なく数百円単位で取引ができるため、資金が少ない初心者の方でも取引に参加できます。

DMM FX
米ドル/円0.2銭 原則固定
ユーロ/円0.5銭 原則固定
ポンド/円0.9銭 原則固定
>> DMM FX 公式サイト

GMOクリック証券
米ドル/円0.2銭 原則固定
ユーロ/円0.4銭 原則固定
ポンド/円0.9銭 原則固定
>> GMOクリック証券 公式サイト

スキャルピングOKのFX会社なら「ヒロセ通商」

スキャルピングは、秒単位・分単位で細かな売買・決済を行う取引手法です。短時間で何度も取引をすることでリスクは高まる一方、「即金性が高い」「コツコツと利益を積み重ねられる」といったメリットのある方法です。

初心者でもチャレンジできますが、短期間で分析して取引を繰り返す必要があることから、まとまった取引時間が確保できる専業トレーダー等に向いている方法といえます。

スキャルピングは何度も取引を行うため、いかにスプレッドを狭く抑えるかが重要です。また、スキャルピングはサーバーにかける負担が大きく、利用がNGになっているFX会社もあります。

スキャルピングOKが明言されている中でおすすめできるのは「ヒロセ通商」です。トレーダーの意見を取り入れて改良を重ねたツール・アプリの使い勝手も良く、スプレッドの狭さも申し分ありません。

米ドル/円0.2銭 原則固定
ユーロ/円0.4銭 原則固定
ポンド/円0.9銭 原則固定
>> ヒロセ通商 公式サイト

スワップ運用なら「GMO外貨」「LIGHT FX」のスワップポイントが魅力的

スキャルピングやデイトレードは売買差益によって利益を得る方法でしたが、FXではスワップポイントを得ることで利益を狙うこともできます。

【スワップポイントとは】
2つの通貨を交換するときに発生する「金利差調整分」のこと

高金利通貨の買いと低金利通貨の売りを組み合わせると、その金利差分を「スワップポイント」として毎営業日に受け取ることができます。

スワップポイントの設定はFX会社によって異なるため、取引したい通貨ペアのスワップポイントができるだけ高いFX会社がおすすめです。

通貨ペアごとにスワップポイントが高い設定のFX会社は異なりますが、なかでも「GMO外貨」「LIGHT FX」はおすすめのFX会社といえます。

GMO外貨
米ドル/円228
メキシコペソ/円27
南アランド/円17
>> GMO外貨 公式サイト

米ドル/円250
メキシコペソ/円23.1
南アランド/円19.1
>> LIGHT FX 公式サイト

少額取引なら「松井証券FX」「SBI FXトレード」

FXを始めたばかりの人のなかには「できるだけお金をかけずにチャレンジしてみたい!」と考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめできるのが「1通貨単位から取引できるFX会社」です。1,000通貨単位での取引になるFX会社と比べ、同じレバレッジであれば、1,000分の1の自己負担で取引に参加できます。

例えば「松井証券FX」。米ドル/円なら140円(1米ドル=140円の場合)で取引ができるので、少額からチャレンジしたい方にもぴったりです。

スプレッドも業界最狭水準であり、コストや費用をかけずに手軽に投資したい方におすすめできるでしょう。

松井証券
最低取引単位
1通貨
>> 松井証券 公式サイト

無料のデモトレードなら「GMOクリック証券」

これからFXを始めようとしている方にとって、ツールやアプリの使い勝手を確かめることは重要なポイントです。また、「いきなりお金を使うのは怖い……」と感じている人もいるはずです。

本番前に使用感を確かめたい方には、無料のデモトレードを利用できるFX会社をおすすめします。

デモトレードは仮想のお金を使った取引であり、失敗しても自分のお金を失う心配はありません。デモによる練習を通じて使用感を確かめ、自分に合っていると確信してから本番の取引に臨めるでしょう。

ただし、どのFX会社でもデモトレードを提供しているわけではありません。

デモトレードを提供しているFX会社のなかでも、おすすめできるのは「GMOクリック証券」です。スマホアプリなら登録不要でデモ取引が始められるので、思い立ったときにすぐ取引に進むことができます。

GMOクリック証券のデモトレードは本番と同じ機能・デザインで行うことができるため、本番の際も違和感なく取引を進められるでしょう。

GMOクリック証券
  • 口座開設が不要
  • リアルトレードと同じ設定が可能
  • スマホアプリで簡単チャレンジ
GMOクリック証券「FXネオ」

FX情報を仕入れるなら「外為どっとコム」

FXに関して勉強をしたい方や、最新情報をいち早く掴みたい方は、外為どっとコムがおすすめです。

外為どっとコムではニュース配信だけでなく、初心者が勉強したり上級トレーダーがいち早く最新情報を掴んだりするのに役立つコンテンツが充実しています。

たとえば月曜日から金曜日まで毎日更新の「外為マーケットビュー」では、相場の見通しや今後のマーケットの展望についてコメンテーターが解説してくれます。

外為どっとコム
  • マネ育FXスクール
  • FXトレーダーコース
  • 毎日ライブ配信

自動売買で利益を目指すなら「インヴァスト証券」

自分で考えて売買を行う「裁量取引」に自信が持てない方は、FX自動売買で利益を目指すこともできます。

自動売買は、事前の設定に従って取引注文を出してくれるトレード手法のことです。自分が寝ているときや仕事をしている時でも設定に従った取引をしてくれるので、日中に忙しい人でもチャンスを逃さない取引ができます。

自動売買を提供しているFX会社は数多くありますが、なかでもおすすめは「インヴァスト証券」のトライオートFXです。

たったの3ステップで自動売買が開始できる「選ぶだけの自動売買」だけでなく、上級者向けの「自動売買ビルダー」という2つの機能が搭載されています。

自動売買専門のコンシェルジュによるサポート機能もあり、自動売買に不安を感じている方でも安心してチャレンジできるでしょう。

トライオートFX
  • FXとETFを自動的で売買
  • トレードルールは100種類以上
  • 86.1%が利益を獲得
>> インヴァスト証券 公式サイト

株式やバイナリーオプションを楽しむなら「IG証券」

「FXだけでなく、株式やバイナリーオプションも楽しみたい」という方は、FX専業ではないFX会社もおすすめできます。

例えばIG証券はFX以外にバイナリーオプション、ノックアウトオプションなどを提供しています。
イギリスに本拠地をおく外資系企業ながら、金融庁に登録されているので信託保全の仕組みによって安心して取引が可能です。

通貨ペア数も約100通貨ペアと多く、幅広い商品に分散投資したい方には有力な候補になるでしょう。

IG証券
  • 英国No.1のFX会社
  • 世界31万人以上が利用
  • CFDの取り扱いが豊富

迷ったら大きなFX会社がおすすめ!FX会社各社の口座数比較

これまでFX会社ごとの特徴や強みを紹介してきましたが、なかなか1社に絞ることが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

1社に絞り込むことが難しい方は、口座開設数も比較してみることをおすすめします。

口座開設数が多いということは、より多くの先輩FXトレーダーに支持されている=サービスが充実している、と考えることができます。

長く安定した経営をしてきたからこその口座開設数の多さであり、今後も安定した経営と充実したサービスが期待できるでしょう。

2024年5月1日時点で、編集部が調査した口座開設数をもとに、上位10社のランキングを作成した結果が以下のとおりです。

FX会社名口座開設数
DMM FX約90万
GMOクリック証券82万3,494
外為オンライン66万2,367
外為どっとコム61万6,982
インヴァスト証券52万4,613
みんなのFX・LIGHT FX合計(トレイダーズ証券)55万7,236
GMO外貨46万7,015
マネーパートナーズ37万0,506
ヒロセ通商31万4,569
SBI FXトレード30万以上
(2024年3月末日調査時点)

FX口座を開設する流れ・手順

スムーズにFXの取引を開始するなら、FX口座を開設する流れを押さえておくことをおすすめします。

細かな手続きはFX会社ごとに異なる部分もありますが、大まかな流れは以下のような流れで進んでいきます。

1.FX会社を決める

まず、今回紹介した「初心者におすすめのFX会社」の中から、ご自身の取引スタイルに合ったFX会社を選びましょう。

日本だけで50以上もFX会社があるといわれていますが、以下のようなポイントを比較して、最初に申し込む1社を決めましょう。

・最小取引単位
・スプレッド
・スワップポイント
・取り扱っている通貨ペア
・口座開設のキャンペーン など

2.申し込み

FX会社の公式サイトのトップページにある口座開設申し込みボタンをタップまたはクリックし、申し込みフォームに必要情報を入力しましょう。

氏名・住所・電話番号などの個人情報のほか、資産状況や投資経験なども聞かれます。審査は入力した内容を総合的に判断する形で行われますが、虚偽の申告をすることはNGです。虚偽の申告がバレた場合、間違いなく審査落ちになってしまうでしょう。

審査基準はそれぞれのFX会社で異なりますが、現在の自分の資産や投資運用の状況を正直に記載することが大切になります。

3.本人確認

申し込みフォームへの入力が終わった後は、「本人確認書類」「マイナンバー確認書類」の提出が必要です。

会社に郵送するのではなくスマホやパソコンからのアップロードなので、さほど時間はかかりません。ただし、提出する書類によっては2種類の書類提出が求められる点に注意が必要です。

【本人確認書類の例】
1点のみで提出が完了する書類の例
・運転免許証・マイナンバーカード・パスポート・在留カード・特別永住者証明書 など
2点の提出が必要な書類の例
・健康保険証・住民票の写し・年金手帳・印鑑登録証明書 など

4.審査結果通知

申し込みと必要書類の提出が終わると、FX会社による審査が行われます。審査結果が通知されるまでは、しばらく待機しましょう。

無事に審査を通過すれば、FX会社のシステムにログインすることができます。メールでログイン用のIDとパスワードが送られてくるので、絶対に忘れないように、かつ誰かに見られないように保管しましょう。

5.入金する

FX取引をするには、取引に必要な金額の日本円をFX取引の口座に入金することが必要です。
入金方法はFX会社ごとに異なりますが、主に以下の方法があります。

・クイック入金
・銀行窓口
・ATM振込

なかでもおすすめは「クイック入金」です。
銀行窓口やATMに出向く必要がなく、公式サイト内のマイページで入金手続きができます。

振込手数料の負担がないFX会社が多く、入金後は即時反映されるのですぐに取引を開始できます。クイック入金に対応した銀行口座は各FX会社の公式サイトに記載があるので、事前に確かめておきましょう。

もしクイック入金に対応した口座を持っていないなら、事前に開設しておくことをおすすめします。

6.通貨ペアの決定

取引を始めるためには、2つの通貨(通貨ペア)を決めることが必要です。
どの通貨ペアの取引をするかによって利益が大きく変わってくることもあり、FXを始めるにあたって重要なポイントです。

初心者の方は取引量が多く、情報を入手しやすい「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」などの通貨を選ぶことをおすすめします。

7.取引開始

日本円の入金が反映され、取引する通貨ペアが決まれば、いよいよ取引のスタートです。

本記事で紹介しているテクニカル分析のほか、ファンダメンタルズ分析の結果をみて、「売り・買いのどちらを選択するのか」「いつエントリーするのか」を決めて取引をすることになります。

初心者のうちは何度も失敗をして損失を重ねるかもしれません。失敗しながら「どうやってリスクを抑えた取引をするのか」を意識して取引方法を工夫していくことが大切です。

初心者がFXを始めるなら知っておきたい分析方法

FXで利益を出すためには適当にポジションを持つだけでなく、今後はチャートがどのような動きをするのかについて、分析を行うことが重要です。

主な分析方法としては「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」がありますが、今回はテクニカル分析について、基本的な内容を紹介します。

FXのテクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の値動きをチャートで表示して、トレンドやパターンなどを把握したうえで近い将来のチャートの動き方を予想する分析方法のことです。

過去に現在のチャートと似たようなパターンがあれば、将来も過去と同じような動きになる可能性が高いと考えることができます。

相場の動きをツール上で視覚的に判断できるほか、経済に関する知識がなくてもチャート上の値動きだけで分析ができる点が、テクニカル分析のメリットです。

難しい経済の知識が無くても視覚的に分析ができることで、初心者から上級者まで幅広いトレーダーが利用しています。

初心者に必須の代表的なテクニカル分析指標

テクニカル分析にはさまざまな種類があり、初心者の方がいきなり全てを使いこなすことは難しいでしょう。

初めてテクニカル分析を始める場合は、以下の3つの分析方法を勉強することから始めることをおすすめします。

移動平均線

移動平均線は、一定期間の相場の平均値をグラフにしたものです。平均値を出す期間の長さによって短期線・中期線・長期線に分かれており、一般的には7日・21日・90日の線がそれぞれ使われます。

例えば短期移動平均線が中期・長期移動平均線を下から上に抜ける形は「ゴールデンクロス」と呼ばれ、典型的な買いシグナルの1つです。

逆に短期移動平均線が中・長期移動平均線を上から下に突き抜けると「デッドクロス」になり、典型的な売りシグナルと判断できます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差という2つのデータで構成された指標です。移動平均線を表す線と上下に値動きの幅が示されており、大半がその線(バンド)の中に収まる」という統計学をもとに作成されています。

例えば、ボリンジャーバンドの標準偏差が拡大している場合、拡大している方向に値動きが強いと判断できます。視覚的に値動きの方向性が分かりやすく、人気のある分析方法の1つです。

一目均衡表

時間軸に着目した指標で、ローソク足と5本の補助線(基準線・転換線・遅行線・先行スパン1、2)が使われます。本来は株価をもとに考案された指標ですが、FXの為替レートでも応用が可能です。

「買い方と売り方の均衡が崩れた方向に相場が動く」とする考えを元に作られており、「いくらになるか」ではなく「いつ値動きするか」に主眼が置かれている点に特徴があります。

元は1936年に細田悟一氏が考案したとされる日本生まれの分析方法ですが、売りと買いのバランスが崩れた大きな動きが分かりやすい分析方法として海外でも人気があります。

FXで稼ぐなら「確定申告」の知識をつけること

平日昼間は会社員として働きながら、資産運用としてFX取引をすることを目指している方は、確定申告の知識も身につけておきましょう。

一定以上の利益を出すと確定申告が必要であり、利益を出しているのに手続きをしないとペナルティとして追徴課税の対象になってしまいます。

決められた期日までに正しく確定申告ができるよう、以下の内容はしっかりと把握しておきましょう。

  • 20万円以上の利益は確定申告が必須
  • 損失を出した場合には「損益通算」を利用できる
  • 損失を出した場合は「繰越控除」によって損失を繰り越すことができる

20万円以上の利益は確定申告が必須

FXで利益が出た場合、その利益に対して以下の税金が課されます。

・所得税:15%
・住民税:5%
・復興特別所得税:0.315

所得税は申告納税方式であり、利益を得た人が自分で税額を計算して確定申告を行います。

ただし、FXを副業として行う場合、確定申告が必要になるのは、「利益額が20万円を超えた場合」です。

本業の給与とは別にFXやその他の副業を合算して20万円を超える利益を出した場合、勤務先で年末調整を行っていることに関係なく確定申告が必要です。

なお、住民税は所得税の確定申告をすれば申告する必要がありません。

損失を出した場合には「損益通算」を利用できる

損益通算は、複数のFX会社での取引で発生した利益と損失を計上する方法のことです。

たとえばA社では50万円の利益、B社では30万円の損失が出ているとき、損益通算をすることで利益額を20万円にすることができます。この20万円からさらに経費を引いた分が所得になる計算です。

なお、損益通算ができるのは「先物取引に係る雑所得等」のみです。給与所得や事業所得といった別の所得から損益通算することはできません。

損失を出した場合は「繰越控除」によって損失を繰り越すことができる

繰越控除とは、損失のみで利益が出ていない場合、翌年以降3年にわたって損失を繰越できる制度です。翌年以降に利益が発生したとしても、繰り越した損失と相殺させることで利益を圧縮することができます。

繰越控除を利用する年には確定申告が必要になる手間はありますが、本来支払うべき税金を抑えることができる制度として覚えておくと便利です。

ただし、海外FXでの損失に関しては繰越控除が認められておらず、国内FX会社で取引した損失に関してのみ適用されます。

【初心者向け】FX口座・取引に関するQ&A

最後に、FX口座や取引に関して初心者の方が感じやすい疑問と回答を紹介します。

よくある質問

FXはいくらあれば始められますか?
いくらの資金があればFXを始められるのかは、各FX会社で設定されている最小通貨単位によって異なります。 現在はほとんどのFX会社で1,000通貨単位の取引が可能です。米ドル/円が1ドル=140円と仮定してレバレッジなしで取引すると、1,000通貨で取引をするには14万円の資金が必要になる計算です。 また、レバレッジを利かせるごとに必要資金は少なくなります。25倍のレバレッジで同様の取引をすると、必要資金は5,600円です。ただし、レバレッジが高くなるごとに損失が発生した際のリスクも大きくなります。
FX口座を開設する際の審査基準は?
FXの口座を開くにあたっては審査を通過することが必要ですが、審査基準は非公開です。年収や投資経験、自己資金などが総合的に判断されると考えられます。 審査基準がない以上は明確な対策がありませんが、現状の年収や資産額等を正直に申告することが重要です。不安であればFX口座の開設までに、少しでも多くの自己資金を集めておくといいでしょう。

【まとめ】FX初心者おすすめ口座ランキング

FX会社ごとに特徴や強みがあるため、自身がやろうと思っている取引スタイルに強いFX会社を選びましょう。

迷ったときには、初心者向けの取引方法である「デイトレード」「スワップ運用」等に強く、口座開設数も多いGMOクリック証券やDMM FX等をおすすめします。

また、FXを始める際には、チャート分析の方法や確定申告の仕方なども、あわせて勉強が必要です。

FX会社を決めることだけでなく、口座開設や取引、最後の確定申告まで、一連の流れを把握したうえでFX取引を始めてみましょう。

2年連続FX取引高 世界第1位

DMM FX
米ドル/円0.2銭 原則固定
ユーロ/円0.5銭 原則固定
ポンド/円0.9銭 原則固定
>> DMM FX 公式サイト

業界最狭水準のスプレッド

GMOクリック証券
米ドル/円0.2銭 原則固定
ユーロ/円0.4銭 原則固定
ポンド/円0.9銭 原則固定
>> GMOクリック証券 公式サイト

PR

一覧へ戻る

Contact
無料相談受付中

TEL.03-5341-4676

[受付時間] 9:00-18:00(土日対応可)